保湿剤の選び方

Pocket

思春期にできるニキビも大人になってできるニキビも皮脂の増加が原因ですが、思春期の皮脂の分泌はホルモンバランスの乱れによってですし、大人になってのものはホルモンバランスの乱れと肌の乾燥の場合もあります。そこで、自分のニキビの原因をよく考えて対策を分ける必要があります。皮脂の少ない頬から顎のフェイスラインにできる場合には乾燥が原因であることが多いです。

大人ニキビの保湿にはビタミンCが含まれているものを用いるのが良いと言われています。炎症を促す活性酸素を除去する抗酸化作用がありなおかつ余分な皮脂分泌を防ぐためです。また、アルコールやオイルが含まれているものは乾燥を助長したりニキビの原因のアクネ菌が喜ぶエサとなるためです。アトピー性皮膚炎には肌のバリア機能を維持するため肌表面の乾燥を防ぐことが重要であり、水分量を保つために水分そのものを補ったり水分を抱え込んだり挟み込んだりという状態に応じたタイプの保湿剤を選びます。

ヒアルロン酸のような天然保湿因子に似たものや肌に不足しているセラミドを補うことで肌を補修することが多いですがセラミド配合のものは界面活性剤が配合されており、自分にあった界面活性剤をえらばなければ炎症を起こすこともあります。