ニキビやアトピーと保湿

Pocket

アトピーは乳幼児の頃に悩む肌のトラブル、ニキビは思春期に悩む肌のトラブルと思われてきましたが、最近では大人になってもニキビやアトピーで悩んでいる人が増えています。どちらも慢性的に症状が続くこともありますし、思春期を過ぎてホルモンバランスが整ったことで一旦治り少し経過して突然再発するケースも多くあります。どちらも大人になって発症する原因として、肌のバリア機能の低下とホルモンバランスの乱れとが原因に挙げられます。

ストレスがたまったり不規則な生活をしたり偏った食事をしたりすると、肌の状態が悪くなることがあります。吹き出物ができたりくすんだりメイクのノリが悪くなったりすることを女性ならば感じたことが多くあるものです。このような状態になると、ホルモンのバランスが乱れてしまい男性ホルモンが過剰分泌してニキビができやすい肌になることがありますし、同じように肌のバランスが乱れてバリア機能が低下して細菌や異物の肌の中への侵入を許してしまいニキビやアトピーの炎症を起こしてしまうことがあるのです。そこでこれらの状態から肌を守るためにとても大切なのが保湿です。

私たちの肌は20歳から少しずつ老化が始まり25歳あたりで最初のお肌の曲がり角を感じ、その後40代になると大きな曲がり角を感じることが多くあります。このような曲がり角を感じる原因となるのが肌の乾燥です。そこで、肌の若さを守るためにも保湿はとても重要なことなのです。ここではニキビやアトピーの対策として保湿が重要な理由と保湿をする方法について紹介をしていきます。