保湿と肌バリアの低下

Pocket

乾燥すると角質層の水分が失われます。自分の肌を触ってカサカサしていると感じたことがある人は多いもので、その状態が肌の角質層の水分が失われている状態です。このようにバリア機能が低下すれば角質がバラバラと剥がれ落ちるようになり、肌の中に細菌や異物が侵入するのを許してしまいます。異物が侵入したことで体の免疫機能が異物を追い出そうと戦うと肌が赤くなったり痒くなったりしてしまい、これがアトピーとして現れます。

同じように乾燥をすることでそれを補おうと毛穴にたくさんの皮脂が分泌するようになるとニキビ菌の繁殖が起こりやすい状態になってしまいます。こうしてニキビ菌が肌の中で増殖をするとニキビが肌にでき始めてしまいます。また、男性ホルモンが分泌しやすい状況は皮脂の分泌を促しますこれもニキビの原因となります。

このようにニキビもアトピーも肌が乾燥することが原因でおきます。そこで、保湿をすることでアトピーとニキビの予防につながります。保湿と聞くととにかく化粧水を塗って水分量を増やすことが考えられますが、保湿をする際には化粧水とクリームとを使い分けることや保湿剤に含まれる成分についてもしっかりと考えて使うことが大事です。

また、肌の吸水力を高めるスキンケア用品も存在しています。いくら自分に合った化粧水や乳液を見つけても、染み込みづらい肌をしていたら意味がありません。吸水力、浸透力が高まれば乾燥を防ぎ潤いを維持できます。洗顔で肌を綺麗にしたあとは、吸水力を高める保湿スキンケア用品を使用してから化粧水や乳液を使用するようにしましょう。

参考・・・【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】